麻酔下で行う全ての手術に関して、100%安全な手術はありません。
多くの手術を実施する中で、想定し得ない結果や御期待に沿えない結果となったこともあります。

以上のことから、
信頼関係を築ける飼い主様以外からの御依頼はお受けできません。
また初診での手術希望はお断りする場合があります。

 

〇当院で実施できない手術

→ CT・MRIでの検査を利用した方が良い手術:脊椎疾患(椎間板ヘルニア等)・脳疾患・門脈シャント等
→ 専門性の高い手術:心臓内部の手術(僧帽弁形成術等)・白内障手術
→ 道具が必要な手術:骨盤骨折(骨盤プレートがないため)・小型動物の内視鏡(12㎜内視鏡しかないため)
→ 手技的に困難と思われる手術(深部組織腫瘍等)
→ 総合的に判断して手術をしない方が良いと判断した場合

〇当院獣医師が実施したことのある手術一覧

<予防系>
・去勢手術(犬・猫)
・避妊手術 (犬・猫)
・スケーリング
・帝王切開

<頭部・頸部>
・下顎骨骨折整復(歯根部融解)
・下顎骨結合部骨折整復(交通事故)
・下顎骨脱臼整復(交通事故)
・甲状腺摘出(腫瘍)
・唾液腺摘出(嚢胞)
・気管切開(咽喉頭閉塞)
・角膜・眼瞼縫合(角膜穿孔)
・瞬膜・結膜フラップ(角膜穿孔)
・眼球摘出(腫瘍・角膜穿孔)
・扁桃腺摘出(慢性炎症)
・耳血腫整復
・断耳
・眼瞼内反整復
・鼻涙管洗浄
・全顎抜歯

<胸部>
肺葉摘出
・心膜切開・切除
・胸腔ドレーン設置(膿胸)
・横隔膜ヘルニア整復(交通事故)
・心臓内カテーテル異物除去(ベバキャバ)
・肋骨骨折整復

<腹部>
・腎切開(腎結石)
・腎臓摘出(腫瘍)
・尿管洗浄(尿管結石)
・膀胱切開(膀胱結石)
・胆嚢切除(胆管閉塞)
・胃切開(異物除去)
・腸切開(異物除去)
・腸管吻合(異物除去)
・内視鏡(異物除去)
・腸骨下リンパ節切除(腫瘍切除)
・脾臓摘出(腫瘍)
・胃婁チューブ設置(食道拡張)
・胃捻転整復
・乳腺腫瘍片側摘出
・前立腺切開(膿胞)
・腹壁ヘルニア整復
・鼠経ヘルニア整復
・臍ヘルニア整復
・潜在精巣摘出
・肝切除

<臀部>
・会陰ヘルニア(ヘルニア)
・会陰尿道婁造路術(尿道狭窄)
・肛門腺切除(肛門腺破裂)
・直腸引抜術(腫瘍)
・骨盤骨折整復(交通事故)
・会陰部切開(腫瘍)
・膣過形成切除(腫瘍)
・仙腸関節脱臼整復
・肛門周囲婁切除

<四肢・尾>
・長骨骨折整復(大腿骨・下腿骨・中手骨)
・飛節部骨折整復
・抜爪
・断尾
・断脚(前肢・後肢)
・大腿骨頭切除(レッグペルテス)
・膝蓋骨内方脱臼整復
・前十字靭帯整復(関節外法)